TBSの枡田絵理奈が熱愛!相手の堂林翔太の経歴・打率・年俸は?プロ野球選手と女子アナウンサーの出会いのきっかけは何? - ネタ話。気になるニュース

f.jpg 20.jpg 1416066186866.jpg 5.png y.jpg n1 - コピー.jpg c1.png yo.jpeg j3.png a2 - コピー.jpg ss2.gif a6 - コピー.jpeg p4.png y5.jpg y3 - コピー.png e2.png ha - コピー.jpg g3.jpg h4.jpg a8.png

TBSの枡田絵理奈が熱愛!相手の堂林翔太の経歴・打率・年俸は?プロ野球選手と女子アナウンサーの出会いのきっかけは何?

d22.jpg

TBSの枡田絵理奈が熱愛!
相手の堂林翔太の経歴・打率・年俸は?

プロ野球選手と女子アナウンサーの
出会いのきっかけは何?









TBSの人気アナウンサー枡田絵理奈が
広島カープ・堂林翔太と熱愛発覚!



堂林翔太はマツダスタジアムでの
阪神戦を前に取材に応じ

「1年ぐらい前から交際しています。隠すつもりはありません。いい支えになっています」などと話した。

枡田絵理奈と堂林翔太の出会いは
昨年秋にお互いの知人の紹介がきっかけ


今年枡田絵理奈は休日を利用して
広島カープのホーム球場
マツダスタジアムへ訪れ観戦
する姿が
目撃されている




プロ野球選手と女子アナのカップルでは、今月7日、西武の金子侑司内野手と、フジテレビの“ミタパン”こと三田友梨佳アナとの真剣交際が発覚したばかり。金子は堂林と同じように、試合前に報道陣の取材に対応し、「すごい大事な人だと思って付き合っています」と堂々の交際宣言をしたことで、話題になった。

 なお、堂林によると、出会いは「昨年のシーズン最初の方」。東京と広島の遠距離恋愛だが、枡田アナが広島に試合を見にくることもあるといい、手料理を食べたこともあると明かした。

 枡田アナとの交際については「隠すつもりはなかった」と繰り返し、交際を宣言したことで「これで堂々と…(付き合える)」とほっとした表情だった。

 さらに「いい支えになっています」とさわやかに話した。

 堂林は、さわやかなルックスで“鯉のプリンス”と呼ばれる。一方の枡田アナは大学時代、芸能プロダクションに所属していたほどの美貌の持ち主。「チューボーですよ!」でブレークし、老若男女、幅広い層から支持を得るTBSの看板アナウンサーだ。

 現在は朝の生活情報番組「いっぷく!」(月〜金曜、前8・00)に出演しており、25日の放送で、交際に触れるのか注目される。

引用元
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140823-00000042-dal-base






枡田絵理奈といえば
現在もレギュラー番組数本を抱える
TBSを代表する人気アナウンサー
 


プロフィール   
d6.jpg
本名:枡田絵理奈
愛称:マスパン、えりにゃん
出身地:神奈川県横浜市
生年月日:1985年12月25日(28歳)
血液型:O型
最終学歴:成城大学文芸学部ヨーロッパ文化学科
勤務局:株式会社TBSテレビ
部署:編成局アナウンス部
職歴:女性タレント(2000年〜2006年)
活動期間:2008年 - 現在
ジャンル:報道・娯楽・スポーツ

Wikipedia引用




枡田絵理奈は学生時代から
テレビ出演をしていて
d20.jpg
成城大学在学中には
スターダストプロモーションに所属し

タレント活動を行っている
d21.jpg
全力坂にも出演



またその交友関係も広く
AKB48の小嶋陽菜とは
10年来の友人

d23.jpg

山田優や後藤真希とは
学生時代からの友人
だという
d3.jpg
共通の友人がいるという

d4.jpg


TBS入社後は
「スーパーサッカー」
「チューボーですよ!」
「ひるおび!」
「テベ・コンヒーロ」

など 次々と人気番組に出演
d19.png

そのルックスで人気は急上昇
今やTBSの看板アナウンサーとして
活躍している


d18.png










TBS人気アナ・枡田絵理奈の
熱愛相手 堂林翔太の経歴・打率・年俸は?



枡田絵理奈の熱愛相手
堂林翔太はプロ野球・広島カープの選手


プロフィール    
d17.jpg
出身地:愛知県豊田市
生年月日:1991年8月17日(23歳)
身長:183cm
体重:81 kg

投球・打席:右投右打
ポジション:三塁手
プロ入り:2009年 ドラフト2位
初出場:2012年3月30日
年俸:2,000万円(2014年)


Wikipedia引用  
     




堂林翔太は愛知・中京大中京高出身で
高校時代はエースで4番として活躍
d9.jpg
2009年夏の甲子園では優勝

その時の成績は
決勝までの6試合に出場し
d10.jpg

23打数12安打
打率.593
打点12
ホームラン1
長打率.913

というすさまじい数字を記録

またこの大会では
大会通算最多タイとなる
6二塁打を記録
している



堂林翔太は"打者"として
ドラフトからの注目も一気に高まり
2010年のドラフト会議で
2位指名で広島カープへ入団した
d13.jpg
前列右端が堂林翔太



プロ入団後の堂林翔太は
2年間は2軍選手として過ごし
高校時代に務めた投手ではなく
野手としてサードのポジションで出場

当時2軍の監督を努めていた山崎隆造に


彼は、この10年でも特別なオーラを持った選手だった。例えば新井貴浩(35歳・現阪神)などからは、オーラは感じなかった。我々は、こうした選手を育てる『義務』があるんです

と言わしめた



そして2012年の開幕戦に
待望の1軍スタメンとして抜擢
される
d15.jpg

その年 堂林翔太は144試合に出場
ホームランは14本という成績
を残し
1軍としてのシーズンを終える


1軍デビューの年を無事終えた
堂林翔太の人気は急激に上がり
華のあるプレースタイルと
甘いマスクで女性ファンを中心に
絶大な人気!


広島カープのプリンスと呼ばれ
2013年には背番号を
「13」から「7」へ変更

d14.jpg


さらに期待が高まったが
2013の年は105試合に出場し
打率.217
ホームランはわずか6本

という結果に終わり
周囲の期待に応える事はできなかった
d16.jpg




今年2014年のシーズンの
堂林翔太は64試にの出場し
打率.255
ホームラン6本
打点23

d11.jpg

オールスター人気投票で1位になるなど
将来の広島カープの主軸を担う選手として
期待されている


堂林翔太のテーマソングは
ケミストリーの堂珍嘉邦が手がけた
『Fly awey』が使用されている

d8.png
広島出身でカープの大ファンの
堂珍嘉邦と堂林翔太は対談で意気投合

お互いの名前に「堂」がつくことから
"堂々コンビ"を結成しているとか…










プロ野球選手と女子アナの出会いのきっかけは?
結婚が多い理由は?



先日もフジテレビの三田友梨佳アナと
埼玉西武ライオンズの金子侑司の熱愛が
発覚
したばかり
d30.jpg

これまでもプロ野球選手と女子アナウンサー
というのはかなりの数のカップルが誕生している


福島弓子(TBS)とイチロー
大橋未歩(テレ東)と城石憲之
柴田倫代(日テレ)と松坂大輔
木佐彩子(フジ)と石井一久
亀井京子(テレ東)と林昌範
成嶋 早穂(東海テレビ)と前田健太
小野寺 麻衣(日テレ)と高橋由伸


など…
挙げていけばキリがないくらい
プロ野球選手と女子アナウンサー
という組み合わせが出てくる


今回熱愛が報道された
枡田絵理奈と堂林翔太の場合は
知人の紹介がきっかけということだが
出会いのきっかけは一体何だんだろうか…


一番考えられるのは
”取材”という名の”出会い”



アナウンサーからしてみれば
スポーツ担当になると
これから成長して日本を代表する
野球選手になるかもしれない
”金の玉子”の選手に取材できる
チャンスがゴロゴロある


その選手が将来
第一線で活躍する選手になれば
その年俸は”億”を超える
ましてダルビッシュ有や
田中将大のように海を渡り
メジャーリーグで活躍すれば
年間で10億円以上稼ぐ
かもしれない


将来有望の野球選手と結婚すれば
将来は海外移住でセレブ生活
なんて事も考えられる

将来の旦那さん候補を探す
絶好の機会であることは
間違いなさそうだ


イチローが結婚した時も
松坂大輔が結婚した時も
取材がきっかけで交際がスタート
している


あとは野球選手もアナウンサーも
”先輩夫婦”が多いので”紹介”
されるというケースも多いだろう




2人の年齢差は
枡田絵理奈が6歳年上
ということになる

現在 堂林翔太の年俸は2,000万円
ということだがこの調子で活躍が続けば
将来は1億円プレイヤーというのも夢ではない




【スポンサーリンク】







2014-08-24 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ネタ話。気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

他の注目ニュース

gomaki - コピー.jpg o15 - コピー.jpeg satou.jpg totinai8 - コピー.jpg ASKA.jpg

カテゴリ別

お問い合わせ

  1. メールでの問い合わせ