あなたは大丈夫!?「サイバー心気症」とは?症状は?対策は? - ネタ話。気になるニュース

f.jpg 20.jpg 1416066186866.jpg 5.png y.jpg n1 - コピー.jpg c1.png yo.jpeg j3.png a2 - コピー.jpg ss2.gif a6 - コピー.jpeg p4.png y5.jpg y3 - コピー.png e2.png ha - コピー.jpg g3.jpg h4.jpg a8.png

あなたは大丈夫!?「サイバー心気症」とは?症状は?対策は?

ソコンやスマートフォンの普及により、自宅に居ながら、手軽に買い物したり、どんなことでも瞬時に調べることができるようになり、日常的に利用している人は多いと思います。
特に“検索”は我々の生活を劇的に便利にしてくれています。
キーワードを入力すると、知り得たい情報が数多く出てきて、本当に便利ですよね!

ただ、そのたくさんの情報の中には、“信憑性の高いもの”、“信憑性の低いもの”があり、「間違った情報」を信用してしまっているケースも多くあります。
そのキーワードに対して全く知識がない人にしてみると、どの情報が正しいものなのかがわからないために、この様な事が起こってしまうのも仕方ない様な気もしますが…

そして近年…インターネットで“体の不調”や“症状”などを検索する人も多いのではないでしょうか?
自身の体の不調などをインターネットで検索をした結果…様々な症状を目にして、自分に当てはめてしまい、「心気症」に陥ってしまう方が非常に増えているそうです。

心気症とは
医学的検査での根拠がない身体の異常にこだわり、「自分は重い病気におかされている」と思い込んでしまう事。
それを他者に訴える症状。

と、あります。


例えば、「頭が痛い」とインターネットで検索すると…

くも膜下出血、脳腫瘍、全般性不安障害…など様々な情報が検索出来ます。
そこに書いてある症状に自分自身を照らし合わせていくことで、ただの頭痛が、「自分は重大な病気なんじゃないか!?
と、どんどん不安に陥ってしまい、病院で診察を受け、特に異常が見られず、医者が「心配ない」を説明しても、「医者側の見落とし」ではないかとさらに不安に陥ってしまい、ひどい場合は、そこからうつ病などを併発することもあるそうです。
また、周囲の人間から言われて心気症に陥ってしまうケースもあるそうです。

心配性”な人や“過去に重度の病気になった”人、“身内を病気で亡くした”人などは“早期発見”することが大切という意識が強く、また不安も大きく、インターネットの検索結果に影響されやすいのかもしれません。
また、この「心気症」は20代〜30代で起こることが最も多く、男女比率は同程度というデータもあります。


策としては単純に…
体調がすぐれない場合などは、インターネットの情報や周囲の声を鵜呑みにせずにまずは“医者”に診せ、きちんとした検査結果を信じる事。
これが一番大切なのだと思います。


【スポンサーリンク】






2014-06-04 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ネタ話。気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

他の注目ニュース

gomaki - コピー.jpg o15 - コピー.jpeg satou.jpg totinai8 - コピー.jpg ASKA.jpg

カテゴリ別

お問い合わせ

  1. メールでの問い合わせ