さんま熱愛!!ハニートラップではなく本命か!?引退前に婚活!?IMALの反応は?お相手ビキニ会社社長。本名、経歴は? - ネタ話。気になるニュース

f.jpg 20.jpg 1416066186866.jpg 5.png y.jpg n1 - コピー.jpg c1.png yo.jpeg j3.png a2 - コピー.jpg ss2.gif a6 - コピー.jpeg p4.png y5.jpg y3 - コピー.png e2.png ha - コピー.jpg g3.jpg h4.jpg a8.png

さんま熱愛!!ハニートラップではなく本命か!?引退前に婚活!?IMALの反応は?お相手ビキニ会社社長。本名、経歴は?

笑いモンスター明石家さんま“に本命現る!?

30日発売のFRIDAYが
『明石家さんまがトボけ隠すビキニ会社社長との蜜愛』
と報道しました。
さんまといえば、今まで50回以上も熱愛報道されてきた、“よしもと”きってのプレイボーイ。
記憶に新しいところでは、セクシー女優の“優希まこと”や“紗倉まな”さらに“片桐えりりか”が自身のネットの生放送で、
今まで言ってなかったけど、やった芸能人はさんまさんだね。
と発言するなど話題を呼んでいました。
このセクシー女優たちは、いずれもさんまとはかなりの“歳の差“のある女性ばかりで、さんまの驚異的な下半身に注目が集まりました。
ちなみに、“優希まこと”や“紗倉まな”に関しては、27時間テレビの「さんま・中居の今夜も眠れない」の人気コーナー「ラブメイト10」で、その名前が発表されていました。

“優希まこと”との熱愛を報道された時、FRIDAYの直撃にさんまは「もうええよ、適当に書いとけや〜」とコメント。
“紗倉まな”との密会を報道された時、記者の「お持ち帰りしたんですか?」という質問には、「したわ!アホ!!」と、なんとも“お笑いモンスター明石家さんま“らしいコメントしていますが、その後さんまはハニートラップ」に引っかかったと笑いにしており、関係は続いていませんでした。

そして今回!報道内容によると、相手の女性は32歳年下で、アパレル会社社長Tさん(26)で、さんまの自宅に出入りする姿も撮影されています。

これまでは記者の突撃にもノリよく答えてきたさんまだが、今回は「知らん!」を記者を一喝!
相手が一般人という事もあっての発言なのでしょうか?

お相手の“Tさん”は30日放送の「情報ライブミヤネ屋」の取材の中で、

さんまさんとは非情に仲良くさせて頂いています。非情に大切な方
最後にお会いしたのは2週間前
と、意味深なコメント。
付き合っているのか?というド直球な質問には
ノーコメントで。さんまさんに迷惑がかかることが不安です
と、含み満載の思わせぶりなコメント。

この空気に今回こそは“本命”などではと言われています。

2人の出会いは昨年11月の飲み会。
そこでさんまが「今度2人きりででーとしようや」とアタックしたようですが、“Tさん”はさんまの軽さを警戒していたようで、その場は連絡先の交換で終わったそうです。
それからさんまの“メール猛アタック”により、今年3月に東京千代田区のさんまの自宅を訪れ一夜を共にしたという。
それ以来“Tさん”はさんまにぞっこんで、毎週金曜日はさんまの自宅へお泊りを繰り返していたとか…

さんまの本命とうわさされている“Tさん”のプロフィール

田中優衣(たなかゆい)
1988年5月28日生まれの26歳。
身長は161cm
現在は、アパレル会社MAKALA(マカラ)の代表取締役
バイヤー・Webデザイナー・モデルも自身でこなす
経歴は2012年に大学を卒業
在学中は中国語強化コースを専攻
2012年、プロボディボーダー西村優花とブラジリアンビキニブランド「MAKALA」を立ち上げる。
父親は、元関脇“闘龍”(本名:田中賢ニ)といわれています。



石家さんまがこれまで週刊誌で報道されてきた相手の女性は、いずれも二回り以上も年齢が離れていました。
もし今回の相手が本命で“再婚”なんて事になれば…
さんまの娘・IMALの生まれた年が1989年なので、義理の母親が1つ年上という事になりますね…
IMALの心中は…
以前も、さんまの熱愛報道時に
60近くにもなって20代の事FRIDAYされるのはさすが!だと思いました!!
父親が恋愛するのは自由なので相手が誰であろうと本気ならば応援するすもりです
コメントしています。
さらに田中さんの父であるといわれている“闘龍”は昭和33年生まれ、さんまは昭和30年生まれですから義理の父親が3歳年下ということに…
かなり複雑ですが、当人同士が愛し合っているのならばそれも有りなのかもしれませんね。
また、さんまはTV番組などで60歳になったら“引退”すると公言しており、“退職後のための婚活中”なのかもしれません。
とにかく、“お笑いモンスター明石家さんま”から目が離せんません。


【スポンサーリンク】




2014-05-30 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ネタ話。気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

他の注目ニュース

gomaki - コピー.jpg o15 - コピー.jpeg satou.jpg totinai8 - コピー.jpg ASKA.jpg

カテゴリ別

お問い合わせ

  1. メールでの問い合わせ